性格が合わないという離婚問題

離婚問題で一番の原因になるのが性格の不一致です。
性格の不一致というのは色々な原因が含まれますが、結婚生活をこれ以上続けるのが精神的に持たない…こうなると「性格の不一致」と片づけられてしまうことが多いです。

一番の原因と言っても、この原因は一番離婚をするのに長引くパターンだと言えるでしょう。
裁判所からすれば、お互いに努力しても夫婦関係が修復できないのかどうか。
夫婦関係は完全に修復不可能なのかどうか。
ここを判断しなければいけなくなるので、判断するのに時間がかかるというわけです。
もちろん様々な証拠を集めていくうちに、どちらかが不倫をしていたり、暴力問題になったという形跡が見つかればすぐに離婚に発展すると思います。

裁判は離婚をする決定的な原因が欲しいので、性格の不一致という理由だけでは曖昧な証拠になってしまうのです。
言ってしまえば、性格の不一致とは夫婦のどちらかが悪いという問題でもありません。
どちらにも原因があり、その原因を何か探るということを考えると、性格の不一致を理由に離婚するのは時間がかかるというのも納得できると思います。

ただただ生活をしていて馬が合わない。
根本的な考え方が違う。
確かにそう思う瞬間が離婚に繋がる原因だとは思いますが、離婚をする際に法的にはあまり認められません。

よく「離婚をするには労力がかかる」と言われていませんか?
つまりお互いが離婚をしたくとも、なかなかできずに労力が奪われていくというのはこういうことでもあります。

まず、性格の不一致だと思ったら離婚を考える前に自分のことを考えてみましょう。
自分が変われば相手が変わるというのはよくあるパターンです。
相手を変えようとするのではなく、まず自分が変わるというのは離婚修復の一番のカギでもあります。

最新ニュース